NHKエンタープライズ社内誌記事(テレビジャパン紹介)

テレビジャパン(正式にはJNG)のオフィスはNYウォール街のすぐ近くにあります。金融街は不況でいちだんと厳しい空気ですが、テレビジャパンの車内は熱気が渦巻いています。放送開始から19年、視聴契約世帯はアメリカ、カナダで7万件を超え、日本人、日系人、そして日本に関心を持つ人たちに、信頼される情報と生活の潤いを提供しています。まさにライフラインです。あの2001年の「9・11」の発生時には、オフィスビルが閉鎖される中、無人で放送を続け、テレビジャパンの機能と役割を強烈にアピールしました。

私たちのモットーは「家庭でも職場でも旅先でも、いつもあなたのそばにいるテレビジャパン」です。そのために「北米に根を下ろし、ここでなければできない放送をお届けしている」ということを、あらゆる機会をとらえてアピールしています。たとえば視聴者、CMクライアント、来訪者などの顔をひとりでも多く画面に登場して頂く試みに、放送と営業部門が一体となって取り組んでいます。

視聴者からの要望は本当に様々です。「ニュースやドキュメンタリーをもっと!」という声の一方で、「ドラマやバラエティーをもっと見たい。民放の番組も!」などなど。でもテレビジャパンのチャンネルはひとつだけ。時差が東海岸と西海岸で3時間、ハワイとは5時間もある北米を舞台にどんな放送をしていったら満足いただけるのか、日々放送内容の改善に知恵を絞っています。1月初めにはあの箱根駅伝の放送を1日3時間、2日間にわたって実現し、「北米で駅伝が見られるなんて」と高い評価を頂きました。

視聴者とのパイプは放送だけではありません。毎月の番組ガイド、ホームページ、ブログ、自主制作番組などを通して、ひとりでも多くの方に「テレビジャパンは欠かせないメディアだ」と思って頂けるよう、社員全員が力を尽くしています。地元日系紙に番組情報を記事にしてもらったり、西海岸の日系放送局と独自制作番組を交換して互いに放送しあったり、テレビジャパンの存在感を高める試みに貪欲に挑戦しています。

テレビジャパンはアメリカの会社ですから、社内の打ち合わせやミーティングには日本語と英語が飛び交います。テレビジャパンに働く人間は皆お祭り好き。地元のお祭りやマラソン、ソフトボール大会などに参加したり、社内でミニパーティーを開いたりして、「脱タコつぼ」の職場を目指しています。NYにお出での時はぜひテレビジャパンにお立ち寄り下さい。お待ちしています!

Japan Network Group, 100 Broadway 15th Fl. New York, NY 10005, USA

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク