白い平原

当初の暖かさから一転厳しい寒さになった今年の冬、NYでは頻繁に雪が降ります。一旦積もると、セントラルパークには何日経っても雪が残り、貯水池を一周するジョギングコースからはシャーベット状になった水たまりがなかなかなくなりません。

その池もよく凍りました。氷の上にまた雪が積もり、それがやや凸凹になっている様は、昔オホーツクの海岸で見た流氷を思い出させました。水というのは一気に凍結するものらしく、寒さに慣れているはずの白鳥も、氷に脚を取られて飛べなくなって凍死することがある、と北海道で聞いたことがあります。

池の周囲を走る時、動けなくなっている水鳥はいないか、「白い平原」に目をやるのですが、幸いこれまでそういう不幸な生き物に出会ったことはありません。

 

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク