風薫る

「乾いた風が町中を吹き抜ける」とか「風薫る」といった感覚は、東京では1年のうちにごく稀にしか経験できないものですが、NYではこの季節、乾燥した気持の良い風をよく感じます。風の中には本当に甘い香りが含まれているような気もします。

これから6月にかけては、4マイルから5マイル程度を走るマラソン大会が各地で開かれます。大会を傍で見ていた時は、「運動する時までつるんでやって何が面白いんだろう」と感じることもありましたが、自分が参加してみると、大勢で走るというのは、皆で一緒に何かを作っている感じがして楽しいものです。ただスタートの時の団子状態だけは、足が踏まれそうで危険で困りますが。

何事も実際にやってみると新しい発見があるもので、沿道から頂く声援が大きな力になるということにも気がつきました。どこかの町で自分が観客としてレースに遭遇することがあったら、今度は大きな声で声援を送ろうと思っています。

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク