「専門店」の美術館

NYの町の文化的な魅力のひとつは、大きな美術館や博物館だけでなく、「専門店」と言った個性的な文化施設が無数にあることでしょう。この町では個人の好みや時々の気分にあわせて、好きな空間に身を置くことができます。

専門店と言うにはやや大きすぎるかもしれませんが、マンハッタンにユダヤ博物館という施設があります。ここで今、’Reclaimed’と題した美術展が開かれています。

そこに展示されている画は、元々第二次世界大戦の前、アムステルダムで手広く商業を営んでいたユダヤ人が収集していたものですが、それらは戦争中ドイツに接収され、ドイツに運ばれました。戦後、作品はオランダ政府に返還され、さらに長い交渉の末、ようやく政府の手を離れ、元の所有者の手に戻ったものです。

文字通り数奇な運命をたどった美術品ですが、ロイスダールの風景画はそんな経緯を忘れさせる静謐さで特別展の展示室に佇んでいます。

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク