山の先輩からの便り

先日の北海道のトムラウシ山と美瑛岳での遭難事故は、かつて私も登ったことがある山で起きたものだけに、特に大きなショックでした。事故の後、日本にいる山の先輩から届いたメールには次のように書かれていました。

「下界にあっては美しいものや穢れなきものに出会えることが滅多になくなり、人々はますます山を目指すのかもしれません。秀峰の聖なる姿にどれほど人々は癒されていることでしょう。中高年登山にいそしむ人々の心の中に、『聖なるものへの憧憬』というか、『飢える心』のようなものがあるように私は感じています」

今回の事故について批判はあるかもしれませんが、「聖なるもの」に憧れていたであろう方々が巻き込まれた事件だけに、強く痛ましさを感じます。心からご冥福をお祈り申し上げます。

広告
カテゴリー: メディアとフランス パーマリンク