いよいよ総選挙

いよいよ衆議院議員選挙。アメリカ、カナダにお住まいの方で、在外選挙権の登録をされている方の多くは、既にお近くの在外公館に足を運ばれたりして、一票を投じられたことと思います。私は投票開始の初日、朝いちでニューヨークの総領事館に行って投票をしてきました。そこであらためて感じたのは、在外投票というのは関係者の大変な手間と情熱で維持されている制度だ、ということです。選挙に間違いは絶対に許されませんから、各地の公館の方々はさぞ緊張されたことと思います。

投票をする人間も、受け取った投票用紙をただ投票箱に入れればいいというのでなく、封筒に自分の名前を書き署名をし、そこに一票を入れる必要があります。日本国内のやり方とはかなり違っています。

やり方がわからず質問する人も多いのですが、訊ねる人間にとっては1回だけのことも、担当者はひとりひとりに何十回も説明しなければなりません。ニューヨークのように大きなところならともかく、小さな公館ではプレッシャーも手間もさぞ大変だったろうと思います。

投票日の朝、総領事館の受付には時間前から10人以上の人たちが詰めかけていました。何人かの方にお話を伺いましたが、どの方からも「早く投票を済ませて仕事に行きたい」ということ以上に、今回の選挙そのものに対する関心の高さが感じられました。

テレビジャパンでは総選挙関連のニュース、番組、開票速報のため、通常の番組を一部変更して放送します。最新の番組情報はこのメルマガやHPでご確認下さい。

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク