就走儀式

心理学で「就眠儀式」という言葉を聞いたことがあります、眠りに就く前に行うお決まりの作業のこと、お気に入りのぬいぐるみをハグしてから床に入るとか、枕を3回ぐるぐる回してからでなければ寝られないといった類のものです。

私は特に就眠儀式はないと思いますが、「就走儀式」はあります。走りに出る前、必ず大さじ一杯のはちみつを舐めるのです。

何ではちみつかというと・・・。お腹が痛くなったら困ると考えて、走る前は食べ物を摂らないのですが、かと言って空腹ではバテてしまいます。それで軽く糖分を補給しておこうと考えるのですが、家の中にふだんお菓子は置いていません。そこで唯一ある甘いものであるはちみつを舐めるということになります。

もっとも「就走儀式」というのは口実で、単に甘いものを口にしたいだけというなのかもしれません。

広告
カテゴリー: NYの日系放送局「テレビジャパン」時代のブログ パーマリンク