新刊『端倪すべからざる国~メディア・ウォッチャー、フランスを見る~』 河村雅隆著

 

名古屋大学大学院国際言語文化研究科フランス語科のホームページに寄稿した文章を基に、新著を出版しました。以下はそのHPに寄せた文です。

河村雅隆(メディア論、名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授)

当フランス語科のHPに連載させていただいている『メディアとフランス』を基に、『端倪すべからざる国~メディア・ウォッチャー、フランスを見 る~』(文芸社、1400円税別)という本を出版することができました。「芸術の国、ファッションの国、グルメの国」ではない、したたかな政治大国フラン スの一面を、メディアを通して見ていこうと試みた一冊です。

執筆のきっかけを下さいましたフランス語科の先生方に、心から感謝申し上げます。中央図書館にも入れますので、ご覧いただければ幸いです。

2016010319260001

目次

はじめに
第一章 フランスのメディア
第二章 メディアを通してヨーロッパを見る
第三章 フランス語とフランス人をめぐって
あとがき
主な参考文献

 

広告
カテゴリー: お知らせ パーマリンク